« バリアフリーのモデル駅になりそうな新国立駅 | トップページ | 長崎の母が亡くなり帰郷していました »

2009年1月26日 (月)

新国立駅のエレベーターは中央線で最大。旧駅舎が復元されると、ホームから大学通りは見えなくなる!!

 本日、新国立駅のエレベーター工事を行った東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務所に問い合わせてみました。そして、新国立駅のエレベーターは、中央線では今までに造った事がない大きさのエレベーターである事を確認しました。東京駅よりも新宿駅よりも大きい訳です。

 中央線立体高架事業の中で、他の駅は13人乗りエレベーターの設置でした。国立駅では18人乗りにするため、国立市は上下線2基で2,200万円の差額を払う訳ですが、何億円もかかるエレベーター工事費用にあっては極めてお得でした。

P1253451  一方、ホームの高さは地上9メートルですが、円形公園と新駅との間に復元される旧国立駅舎は高さ12メートル!

 つまり、もし旧駅舎が復元されると、ホームのワイドビューから真っすぐのびる大学通りは、旧駅舎の裏側にじゃまされて見えない訳です。

 これって、極めて残念です。
 旧国立駅舎を復元した場合としない場合とで、ホームから見える風景がどう違うのか、予想図を作成し比較してみてはどうでしょうか。

 ちなみに、写真上(新下りホームからの眺望)の右端の建物は、写真下旧駅舎の左側の駅前スタンド「スパイス」です。比較すると旧駅舎を復元した場合の様子が想像できます。

|

« バリアフリーのモデル駅になりそうな新国立駅 | トップページ | 長崎の母が亡くなり帰郷していました »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221989/43871691

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立駅のエレベーターは中央線で最大。旧駅舎が復元されると、ホームから大学通りは見えなくなる!!:

« バリアフリーのモデル駅になりそうな新国立駅 | トップページ | 長崎の母が亡くなり帰郷していました »