« 平和は感じて味わって自分のものにして、未来に残しておくもの | トップページ | 皆さまへ »

2011年2月26日 (土)

3月議会──私の一般質問は、3月4日(金)午前10時~11時です

 2月25日から3月議会が始まっています。
 私の一般質問は、3月4日(金)午前10時~11時の予定で、以下の内容について行います。是非、傍聴にお出かけください。

【まちづくり】
1.どうなる? 城山南区画整理事業について。
 ~元理事長収賄問題で里山は、農地は・・・。
2.国立駅前マンション建設計画に伴う近隣住民との紛争を防止するための施策を!
3.新国立駅~谷保駅等バリアフリーなまちづくり施策は・・・。

【環境】
4.携帯電話基地局建設問題について(電磁波の適正配置を)。

【福祉】
5.「ソーシャルインクルージョン〔※メモ1ご参照〕のまちづくりを具体的に。
6.エンパワーメント〔※メモ2ご参照〕できるひとり親支援について
 ・1億円基金の使い方のビジョンはあるのか?
 ・相談・支援体制の整備について。
7.保育士の再任用のあり方について。

【教育】
8.関口市長の一期目、4年間で教育の自治と学びの場である学校の子どもの権利条約〔※メモ3ご参照〕に基づく教育構想は実現できたのか

----------------------------------------
メモ1
「ソーシャルインクルージョン」とは、私の提案がきっかけで2011年度の国立の地域福祉の方向を示すビジョンになりました。“だれにも排除されないまち”という意味です。
メモ2
「エンパワーメント」とは、その人が持っている力を引き出すことができるサポートという意味です。
メモ3
「子どもの権利条約」とは、子どもが“泣く”権利であり、おとなに“応えて”もらう権利を言います。

|

« 平和は感じて味わって自分のものにして、未来に残しておくもの | トップページ | 皆さまへ »

議会」カテゴリの記事

コメント

初めまして、私は千葉県我孫子市に住む藤岡と申します。もう遅いかも知れないのですが、一応投稿させて頂きます。
私は昨年我孫子市議会に「携帯電話中継基地局設置に関する条例を求める請願」(請願41号)を提出し、21-6で可決されました。
電磁波については総務省が安全であると言い切っております。
先月自民党の山谷えり子議員が参議院議長に質問主意書を提出しましたが、総務省の携帯電話の電磁波は安全であるとの一言で言い切られてしまいました。
一般の電磁波は安全かも知れませんが、携帯電話に使用しているのは変調電磁波です。この電磁波は人間が作り出したもので未知の電磁波で、長時間の臨床データもございません。
現在WHOが各国からデータを集め見直しに向けて作業を進めて
おります。
私が思うには電磁波の問題は一歩間違えると第二の水俣病になりかねないと思います。
是非地方から輪を広げて中央へ向けて働きかけをしたいと思います。
是非3月の議会頑張って下さい。
質問しても役人は総務省が安全と言っているので安全であると押し切ります。
変調電磁波のデータは総務省は持っていません。
だからグレーなのです。
マスコミの電磁波の問題は取り上げません。スポンサーを失いたくないからです。
あとは地方議員さんの力に頼るしか国民は手段がありません。
どうぞよろしくお願い致します。
Twitter @ken300729

投稿: 藤岡 兼一 | 2011年3月 4日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221989/50977447

この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会──私の一般質問は、3月4日(金)午前10時~11時です:

« 平和は感じて味わって自分のものにして、未来に残しておくもの | トップページ | 皆さまへ »