« 無題 | トップページ | 当事者に学ぶまちづくりを »

2011年4月12日 (火)

私は「通信簿」は昔から嫌いでした

 ある日、事務所での会話。

 市民Aさん 「上村さんは『くにたち市議会を見ていく会』という市民グループが配布している『傍聴席から』というパンフの中の“全議員の通信簿”を見ましたか?」

  「あーっ、4年間熱心に傍聴されていた皆さんですね。通信が出ているのは知ってますけど、その皆さんは、生活者ネットワークの阿部さんと社民党の藤田さんがお好きのようで、見ると気になるので見ません。」

 市民Aさん 「今回は重松さんの評価が良かったですね。この時期にこんなの出して選挙妨害にならないのですかね。」

 (心の声) 《ということは(私の評価は)やっぱり悪かったんだーー。》

 市民Bさん 「見てないならコレ、コレ、これですよ。」(ちなみに、web版はこちらです)

  「なになに、エーッ!? 『あなたが選んだ議員の通信簿』ですって! 『私が選んだ議員の通信簿』なら分かるけど、全議員ということは、選ばなかった、つまり支持していない議員まで評価するの。ふーん…………。

 ……『不偏不党・中立』って書いてあるけど、この方たちも選挙に行って誰かに投票するんだろうし、政治思想だってあるんだろうし。中立とか不偏不党って、私だったらそういう立場に立てない。

 それに、なんで市長を評価しないんだろう? 議会だけをチェックするのっておかしくないですか? この方々は市長が変わっても議会だけチェックしていくのかなあ?

 ……なんて言いたくなるのは、ひとえに私に対する評価も、他の議員に対する評価も納得いかないからなんですけどね……」とブツブツブツブツ…………。

 しばらくして、なんでこんなに気に入らないのか、よくよく考えて、そうか、私は「通信簿」がキライだったのだということに気がつきました。
 「通信簿」という言葉に抵抗感があったのだということにいきついた次第です。

 『傍聴席から』の皆さんは、熱心で良い先生だと思いますが、「アクセルを踏みっ放しの大声と早口」でわめきたてる私の胸の内はわかってもらえないのだろうと思いました。

|

« 無題 | トップページ | 当事者に学ぶまちづくりを »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221989/51395517

この記事へのトラックバック一覧です: 私は「通信簿」は昔から嫌いでした:

« 無題 | トップページ | 当事者に学ぶまちづくりを »