2016年3月11日 (金)

予算委員会始まる

3月7日

本日から10日まで予算委員会です。本日は実施計画(2016年度~2018年度までの3年間の財源も含む行政計画)について5分間、2016年度一般会計当初予算案の中の歳入について10分間質問しました。

たった5分で3ヶ年の行政計画について質問できるわけはありません。また、歳入についても同様です。

必然的に質問というより、まとめて意見になってしまいます。

☆実施計画について
昨年2015年の予算委員会に提出された実施計画では、2016年度は実施計画策定時の財源不足額は9億円だが、決算で不用額など調整できる金額が7億円あり、実質的に2億足りないので1億円は(普通預金相当する)財政調整基金から、残りの1億円は財政健全化で負担すると計画されていました。
しかし、今回出された実施計画を見ると、同じ2016年度は、実施計画策定時の財源不足額は5億円(昨年のものと比べると4億円も少ない!どうして?)で、それを財政調整基金と財政健全化でおぎなうとだけ書かれてあります。

昨年出されたものにあった決算時の調整額7億円を考慮に入れると、むしろ2億円あまるわけです。

そうではなく、今回示された財源不足額5億円は、昨年の実施計画上では決算調整後の実質的財源不足(昨年のものには2億円とあった)だとしても、国保で3億円の値上げをするので、市民は大変だけど、行政としては、市民負担増で不足額を補填しただけの様に思えます。

10億円以上の予算と決算の解離が出ている現状の中で、予算の数字を信頼する担保がなくなり、わかりにくい、不親切な実施計画になったと意見しました。

☆歳入については、市税収入は2015年度予算に比べると1億5000万円増えています。内訳は、個人市民税は所得そのものが低くなったことで、前年度に比べて7500万円減り、法人税も税制改革の影響で5400万円減りましたが、固定資産税な都市計画税で3億円ほど増え々たことでトータルで1億5千万円ほど増加しています。

また地方消費税交付金も税率アップの影響で前年度に比べて1億円増え、市民生活は厳しくなったけど、市としての歳入は、さほど厳しくなった様には思えません。

また、試算では1億円は使える臨時財政対策債は借りないということで、全体を見れば国保の大幅値上げなど、しなくてはならないほどピンチにはどうしても見えないと意見したところ、担当課長から「国立市の財政は非常に厳しく、爪に灯をともすような思いで財源を調整している」との発言がありました。

この言葉は実感だろうと思います。

高齢化の中で福祉や医療費は増え、税収は落ち、近い将来、公共施設の老朽化に伴う建てかえもしなくてはなりません。
自治体の運営は厳しくなっています。

それでも、国立市の財政力は全国的には富裕団体に属します。
企業は少なく、個人市民税が主たる税収ですから、良好な郊外型自治体と言えます。

国立の財政はこれから厳しくなってはいくが、その分、市民負担は増えている、所得は減っているにも関わらず!

だから、行政は「お金がない」とは言ってはいけない、私はそう思います。

|

2015年1月29日 (木)

「日本経済と暮らしの今、そして国立市の財政を考える」経済講演会のお知らせ

2月1日(日)午後1時半~4時 (開場1時15分)

会場 : さくらホール (国立商協ビル2階 国立市東1-4-6)

講師 : 山家悠紀夫さん(暮らしと経済研究室主宰)

【テーマ1】 日本経済と暮らしの現状──アベノミクスがもたらしたもの
【テーマ2】 国立市の財政──お金がないというのは本当か

山家さんは長年暮らしの立場から、経済の状況を政策上の言葉に惑わされることなく、統計などが示す数値を丹念に追い実証的に明らかにしてこられました。
また居住する国立市の財政についても、その実情を具体的な事実に基づき分析しておられます。
後半ではお話をお聞きするだけでなく、主催側からの問いかけなども交えて進行する予定です。
ぜひお越しください。

Dsc_1043

|

2014年12月31日 (水)

2014年の終わりに、感謝とともに

2014年がまもなく終わろうとしています。

本日、12月31日の夕方まで議会レポート発送作業に追われていました。

今回は、今期を振り返る議会レポートに加えて、「憲法が活きる村~阿智村を訪ねて~」(1月24日、19時から公民館)、「日本経済と暮らしの今、そして国立市の財政を考える~山家悠紀夫さんに聞く」(2月1日、13時~さくらホール)、「ハムケ・共にコンサート」(2月7日、18時~くにたち福祉会館ホール)、市内4ヶ所で開くタウンミーティングなどの何枚ものチラシも同封し、意気込みの「熱さ」がわかる「厚さ」になってしまいました。

12月20日~21日に、長野県阿智村を訪問し、前村長の岡庭一雄さんと全国で唯一の満蒙開拓平和記念館専務理事の寺沢秀文さんからお話しを伺いました。憲法にある地方自治が本当に活かされてはいない、地方自治は多数決を否定するところから始まるという、岡庭前村長の話しと、公民館活動やいたるところにみえる住民自治の実践に感動しました。

Img_67_4

満蒙開拓平和記念館の壁にには「未来に向けて」という詩が書かれていました。

「未来に向かって」

あの時代に向かい問いかけてみます。
なぜ「満州」へ行ったのですか。
今を生きるあなたに問いかけてみます。
あの時代に生きていたら、どうしますか?

日本と中国双方の人々に多くの犠牲を出した
「満蒙開拓」とは何だったのでしょうか。
長く人々の心の奥に閉ざされていた記憶に寄り添い、
向き合いにくい真実に目を向ける時がきました。

この歴史から何を学ぶのか、私たちは問われています。
「負の遺産」を「正の遺産」へと置き換えていくこと、
その英知が私たちに問われています。

歴史に学び、今を見つめ、未来をつくる。
同じ過ちをくりかえさないために。
平和な社会を築くために。

阿智村で学んだ地方自治と平和への誓い、この学びをしっかり、くにたちのまちづくりに繋げていきたいと思います。

|

2008年11月29日 (土)

「これからの日本経済と暮らし」の学習会を終えて考えた

Pb293389  11月29日午後公民館で、「これからの日本経済と暮らし」をテーマに山家(ヤンベ)悠紀夫さんを講師に学習会を開きました。50人程の方が集まってくださいました。
 皆さんとても真剣に食い入る様に聞いておられ、いかに現状に危機感を持たれているかよくわかりました。

 山家さんは、現状を分析し、これからどうなるのか、何が必要か、とてもわかりやすく話してくださいました。
 「アメリカのサブプライムローン問題から、100年に一度と言われる金融危機が津波のように日本に迫ってきている。しかし、国内では既に、この間の『構造改革』により格差が広がり、大企業に儲けが集中し、中小企業は低迷、働き手には賃金となって還元されない。景気は低迷し、大津波が襲ってくるにもかかわらず防波堤は低く、しかも海のそばに住む人が大勢いるという状況になっている。後2年間ぐらいは厳しい不況の到来は避けられない。この2年間を持ちこたえるためには、失業者・ワーキングプア・高齢者やしょうがいしゃの生活を守り、生活保護の充実、イギリスのように消費税を下げる等の政策が必要である。」
 等々のお話しでした。本当にそうだと思い、十二月議会でも早速、介護保険料の値上げはしない事を求めて行きたいと思いました(京都は値下げを決めたそうです)。

 今回の学習会で、社会不安がいかに蔓延しているか痛感しました。テレビや新聞では危機感のみが煽られます。こういう時こそ知るための学習が必要なのだと実感できました。知る事で元気が湧きます。
 時間がなく、山家さんはレジメの最後の項目「もう一つの日本は、実現可能である」についてお話しができませんでした。私が最後に、「この話しを是非、また聞きたいですね」と締めくくりの挨拶をしたところ、盛大な拍手があがりました。
 この時代を反映してか超多忙の山家悠紀夫さんですが、改めてお願いして、次は、解散総選挙が終わった頃に企画できたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)