2016年2月27日 (土)

「誤回答防止のため」、「外国人」か「しょうがいしゃ手帳保持者」かを問う市民意識調査の設問は大問題!

2月26日

25日から、三月議会が始まりました。
本日は休会日で、明日27日土曜議会です市長の施政方針に対する会派代表質問がおこなわれます。

ひとり会派である私の持ち時間は10分しかありません。
2016年度の佐藤市長の施政方針は、22ページにも及びます。平和、人権、男女共同参画、子どもの貧困、若者、高齢者、しょうがいしゃ、南部の自然、環境などなど、自分の言葉で語っていると感じます。公立保育園の民営化や国保の値上げなどの財政改革のやり方には大反対ですが、平和や人権、福祉に対する姿勢は評価できます。

明日の会派代表質問では、私が一般質問で提案したことがきっかけとなり、2016年度から始まる国立市平和の日(6月)に向けて、貧困へのリアル感、上原元市長への求償裁判など質問する予定です。

さて、本日、「市民意識調査が送られてきたが、よくわからない質問が多い」との相談を受けました。

調査書面を見せてもらって、一番驚いたのが、最初に述べた設問です。

「誤回答防止」って何?

そもそもアンケートに誤回答ってあるの?

外国人やしょうがいしゃ手帳を持ってる、にチェックすると、その回答は誤回答の可能性があると疑われるの?

それって、偏見では?

外国籍市民やしょうがいしゃを意識するなら、漢字にルビをふったり、中国語や朝鮮・韓国語、英語で質問するといった配慮こそ必要。

他にも、公共施設の老朽化への対する設問では、お金がないから、縮小しなくちゃいけないんだけど、狭くするか、くっつけるか、なくすか、どれがいい?みたいなマイナスばっかり並べて、ましなものを選ばそうとする。

アンケートは、設問しだいで設問者の期待通りの答えを誘導できると聞いたことがある、それほどアンケートとは難しい。

私に相談された市民は真剣に答えようとして、読めば読むほど設問に対して憤りがわいたと言われた。

その憤りこそ市に伝えようと思う。

|

2016年2月14日 (日)

Stop貧困!もう1人、山本太郎さんみたいな国会議員を誕生させたい!

2月13日

午後2時から一橋大学で開かれた「女性が困難から立ち上がる時に地域でできること」に参加しました。

このシンポジウムは市民による実行委員会と市が共催し、一橋大学男女共同参画センターなどが協賛して開かれたものです。

100名ほど参加があり、民生委員さんたちや市の関係する部所の課長や女性相談支援員も参加しており、参加者のほとんどは女性でした。議員も私を含め、6名が参加していました。

1部は基調講演で深刻化する女性の貧困やDVに対する実態についての戒能民江さんの話、2部の永見副市長、地域で女性相談を実践する支援員の遠藤良子さんの話を聞き、あらためて女性が置かれている状況の厳しさを痛感しました。

ようやく、行政と市民の協働がスタートしました。

困難な状況を抱えた女性たちが、これで生きていけると思える地域づくりが始まります。

これからが実践です。
1年後、また一橋大学で同じテーマで第二回が開かれ、1年間の成果と次のステップが示されることを期待します、と感想を書い提出してきました。

これ、3月議会でも提案しておきます。

Dsc_00361

そして夕方から国立駅南口とさくらホールでの「山本太郎さんのトークライブin国立」は大変盛り上がりました。

特に、若い人たちが足をとめたり、チラリと見たりして通りすぎていくのが印象的でした。

国立って、やっぱり学生が多いまちなんだなぁと思ったしだい。

山本太郎さんの言葉
国はあなたのことを愛してはいない、コストとしか思っていませんよ。
経団連は一生懸命自分たちの側にたつ国会議員を出しています。
だから、経団連に負けないように、仲間を増やして議員が無視できない力を持つことなんですよ。…

わかりやすいが奥は深い。サラ金のような奨学金制度、非正規、ひとり親、高齢者の貧困状況を示しながら、60%の人が生活が苦しいと感じていると訴える。

60%の声を集めて響かせる、それが7月選挙に向けて必要なんだと思いました。

15歳の若者が「世の中は矛盾ばかり。グレーが多すぎる。世の中をどう見ればいいのか。マスメディアはなぜ言わないのか」と質問、山本太郎さんはテレビなどはスポンサーがいる。一台の戦車をつくるのに1000社が関わっている。(つぶやき…戦車に千社!シャレにもならないけど、戦車って商品なんだ、戦車作って儲ける企業がたくさんあるということ…)だから、大手メディアは言わない。だから、真実は自分で見つけるしかない。でもね、頑張ってやってもダメな時もある。その時はあなたは若いのだから、だめな大人たちにまきこまれる必要はない。たとえば1年間、外国に行ってみるとか、逃げ道は用意してと答える。

そのやりとりを聞いて、山本太郎さんみたいな国会議員がもう1人欲しい!と思いました。

このような場を開けて本当に良かったです。いっしょに企画した人たちに感謝します。

|

2015年4月16日 (木)

「いっしょに生きよう!」 国立駅前演説会

様々な方が様々な立場から今の問題を訴えます。
宇都宮健児さんもお迎えし、お話していただきます。
是非おいでください。

と き : 4月19日(日)12時50分~14時
ところ : 国立駅南口(旧サンリオ前・予定)

話し手 : 宇都宮健児さん (元日弁連会長)
井上 スズさん (元国立市議会議員、93歳)
三井 絹子さん (国立市在宅しょうがいしゃの介護保障を考える会)
遠藤 良子さん (くにたち夢ファーム)
松野 哲二さん (府中派遣村村長)
島田 清作さん (砂川を記録する会)
上村 和子 他

|

2015年3月22日 (日)

昨日出会った人たちが教えてくれた大切にしたい5つの話

★その1:「本当の力がつく、素敵な悩みだね

この人がうるさいからイヤでこの人が来なくなって、この人がキライだからこの人が来なくなって、個人的に出かける方がいいからっていう人も来なくなって、このままだと会がなくなるんじゃないかと心配です。

……事務所に寄ってくれたMさん。知的しょうがいを持つ人たちの本人活動「語る会」のリーダーの悩み。この悩みって、本質的で普遍的なこと。これが乗り越えられたらスゴいよ!

★その2:「カフェは、まちの茶の間なんだなあ

シングルマザーで子どもの一人が発達しょうがいを抱えている人がいて、本屋だったらその子だけでいられるから、働く時にはそこにいてもらっているって話しを聞いた。それは大変だと思い、知り合いにつないで預かってもらえることになった。そういう人と人をつなぐ『人』が必要だと思う。いい構想だから、1ヶ月に1回ぐらいなら、この場所使ってもいいですよ。

……疲れると寄りたくなるスープカレーのお店で。オーナーに「女性の実家づくり」構想を話したらかえってきた話。
カフェってつながる場でもあるんだなあ。

★その3:「6月議会で提案したい“男性支援事業”!

男性が男であることに縛られて、弱さを出せず、女性や自分より下と思う人を力で支配しようとする。最近はその支配・被支配の構造にはまって支配側にたつ女性も出てきたけど。本当は男性だけで男性性を手離すピアカウンセリングプログラムをやりたいんだけどね。そういうNPOつくろうかなあ。

……久しぶりに会ったRくん。介助の仕事の中で、しょうがいしゃの自立運動から生まれたカウンセリングに出会った。彼に影響を与えたのは、世界会議で出会った、ネイティブアメリカンやアボリジニの人たち。少数民族の生き方に自分を重ね、差別から解放される生き方を探している。
国立市には女性支援はあるが、表裏の関係である男性に対する相談支援事業はまだない。取り組むべき課題です。

★その4:「それって素直ないい体なんじゃないかなあ

近頃調子が悪いんだよね。春、急に温かくなるとダメだねえ。うつと自律神経が悪くなるよ。針すごい効くよ!

……Hさんはここ数年、心身の調子がすぐれない。特に季節の変わり目はこたえる。私も同じ。
「針すごいよ」のHさんの言葉を聞きながら、もしかしたら私たちの心身は「弱い」というより「素直」なんじゃないだろうか、悪いことばっかりでもないかもしれないよー、と話しながら、しばし針談義、ツボ談義。

★その5:「生活困窮者支援にはフィナンシャルヘルスについてのサポートが必要!

今の日本にはフィナンシャルヘルスが欠けていると言われています。フィナンシャルヘルスとは貯蓄の健全性ということです。仕事が不安定だとか非正規だったりとかでお金が留まらずにいつもお金がないという状態や、多重債務などで生きるためにお金の感覚を失い、どうにもならなくなってしまった人たちが多い。生活困窮者支援の中に家計支援が入っているが、家計支援の推進の中で、このサポートを入れた生活立て直しのための資金貸し付けをやれれば良いと思います。

……生活困窮者支援のためのマイクロファイナンスの在り方を一緒に考えてきたWさんの言葉。税金の徴収現場では多重債務の相談に応じているが、その後の生活立て直し支援までには至っていない。そこに有効な施策なんだと思う。
ウーン! いつもだったら6月議会の一般質問で取り上げるべきテーマ! また、選挙がハードルに! なんだか、悲しくなってきたよ。

|

2015年2月 1日 (日)

「まちに生きる」第3回まちづくりタウンミーティングを終えて

1月31日に東福祉館で開いたまちづくりタウンミーティングには30名ほどの参加者がありました。

131tm

しょうがいしゃの自立運動の先頭にたって生きてこられた八木下浩一さんは現在74歳。介助者がいなくなったため、しかたなく50人ほどの「老人ホーム」に入られています。

しょうがいしゃばかりいるところをつくるのは「差別」であるとして、養護学校にも施設にも体をはって闘ってきた八木下さんが、地域とはいえ、なぜ「老人ばかりいるところ」に入らなければいけなかったのか、そこのところを聞きたいと思っていました。

その点について八木下さんは「介助がお金になると制度が変わったので、高い方へ介助者が移っていった。しょうがいしゃも高齢者も同じで、地域で人の小さなホームをつくるべきだ」と話されました。

会場からは、「グループホームだって管理されるから、最期まで在宅で生きられる様にしよう」という意見も出ました。

八木下浩一さんは、長年しょうがいしゃ運動をやってこられた先駆者でありますが、今、介助を必要とする高齢者の当事者運動の先駆者になっておられるのではないかと思います。

「分けることから差別が始まる。みんないっしょのまちをつくる」を国立市で実践していく時の原点であり、今の課題となるタウンミーティングでした。

参加された方の感想をご紹介します。

今日のタウンミーティングのテーマは、「共生(ともに生きる)」でした。第一部は八木下浩一さんが経験されてきた、しょうがいしゃが「まち(地域)で生きる」ための運動のお話でした。若い後輩へのメッセージ「動くこと、出ていくことで出会いがある」は、しょうがいしゃ運動だけでなく、他の分野でも共通しているのではないか、と思いました。
第2部では「養護学校はあかんねん!」という記録映画を見ました。1979年1月末、養護学校の義務化に反対して文部省(当時)に抗議行動している、寒い中デモをしたり、文部省前で《野営》をしているところは、今の経産省前のテントを彷彿させられました。国会議員にしょうがいしゃの皆さんが訴えるシーンでは、「社会がしょうがいしゃをつくる」「介護して下さい、と言えなくさせる社会」という言葉に、30年以上前のしょうがいしゃの皆さんが訴えていたことが、今の教育の現場でも起こっている、と感じました。

|

2011年2月 3日 (木)

いい居場所にはいい人がいる

 今日は節分、新たな一歩です。

 本日は、朝から矢川駅で市政報告を行ない、貧困に立ち向かう提案として地域でのきずなづくりについて話しました。

 その後、富士見台にあるくじらハウスを久しぶりに訪ね、みんなに挨拶しました。それから、谷保の汽車ぽっぽ公園の脇にあるしょうがいのある人たちが運営している「ややこしや」さんでじゃがバターとゆず茶のセットを食べ、その足で、下谷保防災センター近くで畑を借り、居場所活動をしている「野の暮らし」さんの「みんなお家」をのぞきました。あいにく、皆さん不在で、代わりに猫たちがガラス越しにウェルカムの挨拶を猛烈にしてくれました。

 次に、谷保駅北口の「たまりば 宙(そら)」に行き、100円でコーヒーを飲み、たまたまやっていたフィリピンのスモーキーマウンテンの子どもたちの写真展を見ました。「たまりば 宙(そら)」は何の補助金も付かないリサイクルショップですが、外国の方々や高齢のひとり暮らしの方々がたくさん立ち寄るコミュニティの場となっています。

 国立のいたるところに新しいきずながつくれるスポットがたくさんできていることをうれしく思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

ふれあい日曜喫茶を訪問して

 午後、北の都営団地自治会主催のふれあい日曜喫茶に伺いました。これはコミュニティづくりを目指して2カ月に1回なされているものです。

 「一番大切なのはたゆまず、あきらめずに続けることです。年寄りだけの集まりと思われがちですが、小さな子どもを連れた若い親たちが手料理を学ぶ場として、また、子育てのほっとする息抜きの時間として来てもらえたらうれしい」と自治会の役員の方が話され、現実に赤ちゃん連れのお母さんが赤ちゃんを役員の人に抱っこしてもらいながら食べ物をつまんでいる姿もありました。

 片側では、お茶席が設けられ、娘夫婦が団地に住んでいるという和服を着た上品なお茶の先生がお茶を立て、作法を教えてくださっていました。

Sh350172

 メニューも煮物やサラダなどたくさんあり、団地で育ったハーブティもおいしく、コスタリカのコーヒーも飲ませていただきました。

 そこにいたNさんが、「この団地も年寄りのひとり暮らしが増えた。今度、民生委員さんと地域包括の大川さんと僕たちとで、年寄りの暮らしをどうやって支えるか話し合いたいんだよ」と言われました。
 まさしく、地域の見守りだと感じ、そういう場づくりのお手伝いをしたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

個人商店は地域の見守りネットの要です!

 9日は「第7回ふれあいコンサート」でした。
 このコンサートは、7年前に一度廃止されそうになった「ふれあい牛乳」を陳情によって存続できた事を喜びの集いとしてスタートしました。

 今回も300人以上の参加者で、会場は満杯でした。
 毎回、商工会やロータリークラブ、ソロプチミスト等からの賛同金が寄せられ、お菓子やヤクルトもカンパされています。
 コンサート終了後のロビーでの懇談会では、コーヒーも市内のカフェから来ていただき出しています。今年は、国立オリジナル体操をやってる方や、高齢者宅には、頼まれたら自宅まで地場野菜を届けている地域自給の会の方も手伝ってくださいました。
 もちろん、ふれあい牛乳を運んでいる市内3店舗の牛乳屋さんもチラシを入れてくださって、出欠アンケートも回収してくださっています。そこには、牛乳屋さんへの感謝の言葉や、通院・リハビリなどで動けないとの声もあります。牛乳便をもっと活用すれば、りっぱな見守りです。

 高齢一人暮らしの方と個人商店はとてもいい組み合わせだと最近とみに思います。

Sh350149

 本日、お昼、事務所近くの八百屋さんがお惣菜を売るようになり、安くて手作りで、買いやすいと、派遣村の懇談会の時に評判になってお店に買いに行きました。まいたけのおにぎり、大学イモ、おでんも一人分ずつ買いました。おいしかったです。奥にはテーブルもありました。

 私の次の方は、夫さんを亡くされたばかりのようで、お店の方と「なんにもする気がおきなくてね」など言葉を交わしておられました。

 派遣村の男性も「道路に面しているから、買いやすい」と言っていました。

 こういう、ただ「もの」を売り買いするだけでなく、さりげなく心も交わす事ができる個人商店はこれから大事になってくると大きな声で言いたいです。

【追伸】
 来年のふれあいコンサート終了後、写真撮影の好きな方にボランティアで来てほしいとふと思いました。
 皆さん、ホントに良い笑顔だったり、おしゃれして来られているので~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ビックリ丼にびっくりした話し

 本日、かねてから気になっていた、富士見通りの音高近くにある「幸」寿司さんの「ビックリ丼」(900円)を娘と食べに行きました。
 ビックリ丼は一ツ橋大学新聞部の女子学生から、「大学生でも食べられる価格で作ってもらえないか」と持ち掛けられ、それではと作ってみたところ、評判を呼んだというご店主の話しでした。

Sh350043  寿司飯の量を減らして作ってもらいましたが、本当は山盛りの寿司飯にたくさんのネタがのる事になります。
 本日は、ウニ・イクラ・エビ・赤貝・ホタテ・さんま・いか・しらす・白魚・卵焼きが乗っていました。季節によってもネタは変わるそうです。

 「学生がたくさん来てくれるようになったし、家族づれで毎月来てくれる人もいて、こんなに不景気な時だから、皆さんに喜んでもらえて、かえって良かった」とニコニコ顔で話すご店主さん。
 2階は広間で団体さん用、一階は8人もかければいっぱいのカウンターのみのこじんまりとしたお店は、やはりコミュニティーの場でもありました。
 『運命の顔』の著者の藤井さんも常連客で、藤井さんの本も置いてありました。
 回転寿司しか寄れないと思っている若者が、ビックリ丼で寿司屋さんと出会うのは良い事と思いました。

 「国立はチェーン店は駅近くだけでいいですよ。あとは個性的な個人商店が自由に頑張ってんのがいい!」という言葉に「商い」(アキナイ)とはこういうものなんだろうと思いました。

 国立のまちづくりの中で「個人商店」をもっと活かす取り組みがやっぱり必要です。
 関口市長は高齢者のお弁当の本人負担を300円から400円に上げる事などせず、むしろ食事券等拡充していけば、また地域のお店を拠点とした自然なコミュニティーが復活するはずと考えます。一般質問の中で一言、言おうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)