2016年2月27日 (土)

「誤回答防止のため」、「外国人」か「しょうがいしゃ手帳保持者」かを問う市民意識調査の設問は大問題!

2月26日

25日から、三月議会が始まりました。
本日は休会日で、明日27日土曜議会です市長の施政方針に対する会派代表質問がおこなわれます。

ひとり会派である私の持ち時間は10分しかありません。
2016年度の佐藤市長の施政方針は、22ページにも及びます。平和、人権、男女共同参画、子どもの貧困、若者、高齢者、しょうがいしゃ、南部の自然、環境などなど、自分の言葉で語っていると感じます。公立保育園の民営化や国保の値上げなどの財政改革のやり方には大反対ですが、平和や人権、福祉に対する姿勢は評価できます。

明日の会派代表質問では、私が一般質問で提案したことがきっかけとなり、2016年度から始まる国立市平和の日(6月)に向けて、貧困へのリアル感、上原元市長への求償裁判など質問する予定です。

さて、本日、「市民意識調査が送られてきたが、よくわからない質問が多い」との相談を受けました。

調査書面を見せてもらって、一番驚いたのが、最初に述べた設問です。

「誤回答防止」って何?

そもそもアンケートに誤回答ってあるの?

外国人やしょうがいしゃ手帳を持ってる、にチェックすると、その回答は誤回答の可能性があると疑われるの?

それって、偏見では?

外国籍市民やしょうがいしゃを意識するなら、漢字にルビをふったり、中国語や朝鮮・韓国語、英語で質問するといった配慮こそ必要。

他にも、公共施設の老朽化への対する設問では、お金がないから、縮小しなくちゃいけないんだけど、狭くするか、くっつけるか、なくすか、どれがいい?みたいなマイナスばっかり並べて、ましなものを選ばそうとする。

アンケートは、設問しだいで設問者の期待通りの答えを誘導できると聞いたことがある、それほどアンケートとは難しい。

私に相談された市民は真剣に答えようとして、読めば読むほど設問に対して憤りがわいたと言われた。

その憤りこそ市に伝えようと思う。

|

2016年2月 8日 (月)

お知らせ 山本太郎トークライブinくにたち!

参議院議員
山本太郎さん国政報告会inくにたち
~わたしたちみんなが聞きたい!
   安保法制・原発・安倍総理への質問~

2月13日(土)夜6時40分~8時

会場   さくらホール(国立駅南口喫茶ルノワール角左折「商協ビル」2階)
  ※なお、開会前の6時から国立駅南口で行われる「土曜夜会」さんの街宣行動に 山本太郎さんも参加、30分間駅頭アピールを行います。

昨年、9月19日未明の参議院で可決成立した安保関連法案に対して山本太郎さんは一人牛歩戦術や葬式の格好で抵抗を示しました。それから今まで、沖縄への裁判や原発再稼働など政府の暴走は止まりません。山本太郎さんに国政の報告をしていただくと共に、今年7月の参議院選挙で安倍政権にNOをつきつけるために、わたしたちに何ができるのか、語り合いたいと思います。ぜひご参加ください。

|

2015年9月17日 (木)

国立市議会「安全保障関連法案の今国会成立に反対する意見書案」可決! 幻の意見書にならないことを願って! 野党よがんばれ!

本日、国立市議会の9月議会最終本会議が終了しました。

今議会には、
東京都の補助金を使って通学路や商店街に設置できる「安心安全カメラの設置及び運用に関する条例案」(賛成多数で可決、私は反対)や、

マイナンバー制度導入に伴う「個人情報保護条例の改正案」(賛成多数で可決、私は反対)や

しょうがいしゃの権利条約の精神(私たちぬきに私たちのことを決めないで)を反映した「誰もがあたりまえに暮らすまちにするための『しょうがいしゃがあたりまえに暮らすまち宣言』条例案」(全員賛成で可決!)

など重要な議案がいくつも出されましたが、

それらについでは次のブログで報告するとして、まずは、
なんといっても本日の最終本会議で審議し、賛成多数で採択された、「安全保障関連法案の今国会成立に反対する意見書案」について報告したいと思います。 

6月議会で「憲法違反の安全保障法案の速やかな廃案を求める意見書」を議長を除く21名の議員中、12名(共産党の高原さん、尾張さん、住友さん、社民党の藤田さん、緑の重松さん、民主党の稗田さん、そして無所属の関口さん、望月さん、藤江さん、石井めぐみさん、渡辺さん、上村)の賛成で採択しましたが、今回も同じメンバーで採択できました。

衆議院特別委員会の強行採決に続き、参議院特別委員会でもヒドイ強行採決でした。
このまま、今国会で違憲の安全保障関連法案を成立させることは立憲民主主義の崩壊につながります。

せっかくの意見書も法案が強行採決されれば幻の意見書になります。

少数でも野党にはがんばってほしいと願います。

|

2015年5月12日 (火)

ノーサイドの社会をつくるために

選挙が終わり、ゴールデンウィークは、3日の立川で開かれた憲法集会に参加した他は、選挙活動でできなかった娘の育児(2歳7ヶ月と生後1ヶ月の男の子)の手伝いに明け暮れていました。

子どもの日に、城山里の家のプレイパークがやってなくて閑散としていて、静かで悪くはないが、これで良いのかなあと思ったり、ママ下湧水でザリガニ取りに挑戦したけど、やっぱり取れなかったり、孫を自然の中で思いっきり遊ばせるのは難しいものです。

連休が明けると、介助派遣や貧困問題などの個別相談の対応が始まりました。
国立市が導入するコミュニティソーシャルワーカーの仕事をしているなあと思います。

9日は立川や町田の朝鮮学校の子どもたちを支援するハムケの5周年企画で「60万回のトライ」の上映会でした。

Dsc_1108

会場の多摩社会教育会館のホールには、招待した朝鮮学校の子どもたち(200名)も含めて600名ほどの参加がありました。
「60万回のトライ」は全国高校ラグビー大会でベスト4まで進んだ大阪朝鮮高校のラグビー部をソウル出身の女性のパクサユ監督が在日3世のパクトンザ監督と3年間追った長編ドキュメンタリーです。
K-POPもJ-POPも朝鮮の大衆歌謡も好きな彼らは、朝鮮半島の南と北、そして日本をつなぐ大切な存在であると監督は訴えています。
底抜けに明るい彼らの姿と、高校無償化から朝鮮高校のみを排除する日本政府が対比されています。
「ラグビーは試合の終わりはノーサイドの合図。試合が終われば敵もみかたもなく、たがいにたたえあい、交流する。しかし、日本社会にはサイドがある。日本社会もノーサイドとなるよう自分達も頑張りたい」と高校無償化問題での記者会見でラグビー部の生徒が発言する場面は、強く心に残りました。
私もノーサイドの地域をつくりたいと思ったしだいです。

今回の選挙は、急激に右傾化する政権の中での選挙であり、決して負けられない闘いでした。
当選できたとは言え、あれほどの力の入った中身の濃い市民型選挙ができたにも関わらず、票数が伸びなかったこと。
戦略ミスとは言え、生活者ネットが一人も当選できなかったことなど、リベラルなまちだと思っていた国立市が、そうではなくなってきたのではないかと正直、考え込む日々を過ごしていました。

そんな中で、ハムケの上映会でした。
久しぶりに会う、何人もの在日コリアンの人たちから当選の祝福をいただきました。みんな心配してくれていたことが伝わりました。
「ふるさと」に帰った様な気がしました。

10日は、府中派遣村が参加している〈安倍NO府中〉というイベントに行きました。
派遣村の皆さんたちも良かった良かったと肩をたたいてくださいました。
なんだか「ホーム」に帰った様な気がしました。
在日コリアンの人たちが教えてくれる「ふるさと」
派遣村の人たちが教えてくれる「ホーム」
その本物のあたたかさ、
そして、しょうがいのある人たちが教えてくれる「あたりまえの」大事さ、
奪われたものを取り返そうとする人間の尊厳から生まれる本物の強さ、
人権の発動、改憲し戦争できる国づくりを進める安倍政権にストップをかけるには、それしかない様な気がしています。

ノーサイドのまちをつくるために、自分の人権感覚を更に鍛え、自由と平和を体感できる場づくりをしようと思っています。

|

2015年4月 5日 (日)

「変えたかったら、選挙です!」

昨日は、「丸ごと生きよう、女たち!~再び『国策』に利用されないために~」と題して集会を開きました。メインゲストに沖縄から宮城晴美さん(沖縄女性史家)をお招きし、70名ほどの参加がありました。
直前の国立駅前の情宣でチラシを受け取った方が、そのまま参加してくださったり、沖縄への関心の高さがわかりました。

Img_6186

第1部は「沖縄から女性問題を考える」で、宮城晴美さんが基調報告をされました。
宮城さんは、「『沖縄の人たちは、普天間基地の移設に反対している』との間違った情報がメディアで流されている。沖縄は負担軽減を求めているだけ。菅官房長官は沖縄にやってきたが、最初に会ったのは前知事の仲井眞さん! 翁長県知事に会う日は、沖縄の人たちは県庁に集まる。沖縄は日本の中で唯一、地上戦が行われたところ、戦争になったらおしまいということを知っている。軍隊は島民の生命を守らないこと、集団自決に追い込まれ家族の中で殺し合った悲劇も体験している。戦争になったらおしまい!という沖縄の人たちの気持ちが他の日本の国民に伝わらない」と、今の沖縄の声は何なのかを話されました。
また、女性問題の視点から、集団自決による死亡者の比率は成人女性と子どもとで80%を超えること、沖縄の日本軍「慰安婦」の問題、そして改憲への動き、とりわけ、自民党の憲法24条改定案「家族は、互いに助け合わなければならない」の危なさ、家父長制への回帰、などを話されました。

Img_6240

第2部はシンポジウム「今、国立で女性問題を考える」でした。
パネリストの遠藤良子さん(くにたち夢ファーム)、北村千佳子さん(女性ユニオンくにたち)、そして宮城晴美さんに討論していただきました。
遠藤良子さんからは、「シングルマザーやDV被害者の支援の中で大事にしていることは、いいことも悪いことも含めて、丸ごと自分は生きていていいのだと思えるようになること、そこまでの寄り添い、サポートが必要」というお話がありました。
また、北村千佳子さんは「この間、労働法が変えられ、より厳しくなった。正職で働きたくても仕事がないという人が多い」と話されました。
お二人ともに、今の安倍政権の「輝く女性の登用」がいかにまやかしであるかを話されました。

沖縄の声を聞かない政権、
自粛するメディア、
戦争体制が作られる中で、
再び女性が使われはじめている、
「欲しがりません勝つまでは」
「産めよ増やせよ」
「お国のために」の再来が来ている、
繰り返してはいけない、
戦争の道を許してはいけない、
そこだけでつながろう!

沖縄の人たちは、民意を反映させることができる選挙をした。
宮城晴美さんは、「変えたかったら、選挙です」と言われた。
今の政権の独裁を止めるために、選挙を使おう!
改めて決意しました。

|

2015年3月20日 (金)

大事なお話を二つ聞きました

まずは報告!
現在、咳はコンコン状態に軽くなり、腰は、本腰!のギックリ模様になってきました(天気予報みたいですが)。

この一年、素晴らしいリンパマッサージの施術者に出会い、定期的に体をほぐしていただいています。
いつもは横になって受けるところ、昨日は、ギックリが怖く、横になれず座ったまま、背中から腰までフローしてもらいました。
痛みを感じる神経は骨に沿っているそうで、骨の周りを押しながら整えると、流れて痛みが治まるとのこと……(痛いの痛いの飛んでけーって、理にかなってるんですね)。

体がほぐれると心もほぐれ、あれやこれや口に出てくるのですが、その施術をしてくださっているAさんが、突然、「上村さん、選挙の話しになったとたん、急に体が固くなったよ!ものスゴいよ!とても選挙する人の体じゃない!」と言ってくれました。

「登校拒否」は、おなかが痛い、頭が痛い、など、自分の意志ではコントロールできない自律神経失調症を伴うことが多いですが、私も同じなのかなあと思います。
それは、私自身のプレッシャーへの弱さをうまく解消できないことの表れなのだと思います。

本当にやっかいで、周りの人たちにも心配や迷惑をかけますが、それでも自分にとっては、やはり愛すべきものです。
自分の弱さと上手くつきあいながら、べてる式に、「弱さの情報公開」をしながら、選挙をやっていきたいと思います。

  …

ここから、本題です。

今、泥憲和さんの話しは大事!

先日、元自衛官の泥憲和さんのトークを聞き、本当に「目からウロコ」でした。

憲法9条が実は一番自衛隊を守り、国際的に(中立性の上で)信用もされていたという事実。
それを台無しにした安倍首相の自衛隊の軍隊化の危なさ。
現実味に欠ける幻想を、さも実現できるかのようなウソをつき、国民をだまし、改憲しようとしている安倍政権で日本は危機に陥っている。
国民よ騙されるな!これが事実!と、いくつもの根拠を示して話されました。

泥さんの話しを、特に若い人に、早く聞いてもらいたい!
あーっ、選挙がなければ、今すぐにでもやりたい企画です。

JRの組合であるJR総連さんに、9条連の活動をなさっている方がつないでくださいました

その中で、JRがいかに正規職員を非正規にかえたのか、正規職員は管理職だけで残りは非正規ばかりの駅も増え、委託も増え、事業も子会社方式の細分化……。
更に、効率化を求めて人ではなく機械警備化が進んでおり、無人駅が増える。矢川駅などはその対象。何かあっても、そこに駅員がかけつけるまで、時間がかかるようになる。それは危ないことだ。

組合としては、今、立川断層が気になっており、対策を検討中だが、そういうことも本当は地域住民と一緒に考えられたらと思っている。
そういう場を、上村さんのような議員がつくってくれると嬉しいと言われました。

国立駅の整備事業については、本来の交通体系の安全性より、周辺事業の方ばかりが検討されてきました。

旧国立駅舎は場所をとる。災害のような緊急事態を想定すると、できるだけ空間を確保し、駅からあふれた人がたまるスペースが不可欠だと私は発言していますが、それは間違っていないと思いました。

う~ん!これも、選挙が終わってから取り組むべき重要テーマで、取り組むためにも、選挙、負けられなーい!

ちなみに、立川駅にある盲人用の黄色いライン、途中で曲がっているところがありますが、それは3・11でできたゆがみなんだそう。教えてもらうまで、全く知りませんでした。ビックリ!です。

|

2015年3月 1日 (日)

宇都宮健児さんとの対談を終えて

Img_5865

昨日の宇都宮健児さんとの対談は非常に刺激的でした。間近に宇都宮さんに接すると、強さが伝わってきました。貧困の最前線で闘ってきた人だなあと思いました。
韓国のソウル市長の素晴らしさや、司法や税制や公職選挙法の問題点の指摘や、行動することの大切さを語ってくださいました。
国立でやらなければならないことがまだまだあると思いました。
実行委員会の皆さんの飾りつけのかわいさも新鮮でした。本当にありがとうございました。

Img_5912

|

2015年2月17日 (火)

今、9条を取り戻すために必要な学習はコレ!「戦争は〈国際治安活動〉の名で忍び寄る!〜中東・アフリカの視点から」を終えて

2月14日

くにたち北市民プラザで開いた第四回上村和子まちづくりタウンミーティング(テーマ平和)
「戦争は〈国際治安活動〉の名で忍び寄る! 〜中東・アフリカの視点から」(講師…高林敏之さん、国際関係史研究)には約30人の参加がありました。

高林さんは「私たちの子どもたちが戦争に参加する危険は現実のものになった」と話しはじめられました。

そして、海外での軍事展開を可能にする体制は外務省による国連安全保障理事会常任理事国入りを目指した1990年代から始まっていること。
2009年の海賊対処法の成立、2011年のジブチ自衛隊基地の開設と、着々とつくられてきており、今はその仕上げの段階であること。
日本による海外の軍事行動は、海上権益やウラン利権を守るために「海賊」「テロ」に対する「国際治安活動」の名のもとにおこなわれる可能性が大きいこと。

泥沼の「殺し・殺される」非正規戦に巻き込まれることが、官僚や政治家や国民は本当にわかっているのか。
現地の民主化に否定的で、抑圧的な体制と結ぶ日本の外交は、自称「イスラム国」ISだけではなく、ムスリム同胞団、パレスチナ民衆など広範な敵をつくりかねない。

いずれの問題も、単なる「イスラーム過激派のテロ」の問題ではなく、歴史的背景を背負った問題であり、先進諸国の権益が濃厚にからんだ問題であることを知らなくてはならない。

もはや「9条護憲」ではなく、「9条を取り戻そう」だ。

最貧国と言われるニジェールには、日本企業による初の自主開発ウラン鉱がある。そこで働いている人たちは、マスクもせずに、露天掘りで、放射能の被害も出ている。今、日本を苦しめている原発はアフリカ人への人権侵害の上に成り立ってきた。

さらに国内においては「朝鮮ヘイト」に続く「イスラーモフォビア(イスラム憎悪)」高揚の危機だ。
以上の様な貴重な話でした。

こういう学習こそ、今まさに必要だと思いました。

|

2015年2月11日 (水)

第2弾 いっしょに生きよう!国立デモ

今日の「第2弾 いっしょに生きよう!国立デモ」は40人弱の方が集まりました。チャンゴやケンガリ、沖縄のたいこや、アボリジニのリジュリジュなど持って参加してくださった方々もいて、レインボーカラーに民族楽器と「いっしょに生きよう!」をみんなでつくれたかなと思いました。
「平和な未来、9条残そう!」、「平和な未来、原発いらない!」、「平和な未来、基地もいらない!」、「ふるさと返せ、自然を返せ!」、とコールしながら、「平和な未来」を繰り返していました。今の行動が、どんなに小さくても未来につながるんだなあと歩きながら思いました。
参加してくださった皆さんに心からの感謝を!そして、メッセージを送ってくださった皆さんにも感謝!

934881_137

|

2015年1月25日 (日)

憲法が活きる村の報告会を終えて

124

中身が濃い報告会になりました。
公民館の集会室が満員になるほど多くの参加がありましたが、前阿智村村長の岡庭一雄さんのお話は、もっともっと多くの人に聞いてもらいたいと思いました。

憲法が活きる阿智村、長野県の木でできた満蒙開拓平和記念館、満点の星、手作り品がいっぱいの朝市…
今度はヤマモモの花が美しい季節に、学習会に集まってくださった皆さまといっしょに行きたいなぁと思いました。

……多数決を否定するところから住民自治は生まれる。
阿智村の幸せのためにみんなで話したら、必ず一致点は見つけられる。
それが法律にある地方自治の本旨であり、住民がまちづくりの主体として動く住民自治である。そして、客体ではなく、まちづくりの主体としての市民を育てるのが公民館である。……

岡庭一雄前阿智村村長の言葉を胸にきざみ、国立市もその様な憲法が活きるまちにしていきたいと思いました。

|